ERA LIXIL不動産ショップ さくらエステート 大牟田店 > LIXIL不動産ショップ さくらエステート(福岡トーヨー株式会社)のスタッフブログ記事一覧 > ゲリラ豪雨の対策 豆知識

ゲリラ豪雨の対策 豆知識

≪ 前へ|~サ活始めました~   記事一覧   初めての人間ドッグ|次へ ≫

ゲリラ豪雨の対策 豆知識

みなさんこんにちは。さくらエステートの川本です。


ここ最近また、ゲリラ豪雨などがあり心配な日が続いております。



2年前には、大牟田市でも大雨による浸水の被害があり、大変な思いをされた方もいらっしゃいますので、住宅だけではなく、車にも大きな被害があったかと思いますので、今日は、ゲリラ豪雨にあった際の車について注意点などの豆知識をお送りいたします(^^)/







車の冠水については、JAFでは下記のように対策を呼び掛けられております!!



★車の保管について

・崖や川などに近い場所には車を置かない。
・道路より低く浸水の可能性のある地下駐車場等は避ける。
・強風で飛んでくる飛来物を避ける為、出来る限り屋根のある保管場所を選ぶ。



★車の運転に関して

・ 最新の気象情報を入手する。
・ ガラス撥水剤の使用やワイパーゴムを点検し視界の確保に努める。
・ 線路のアンダーパスなど地面より低い場所を走らない。(浸水ハザードマップ等を確認する)
・ 冠水した道路は避ける。(水路や溝が水没して見えない可能性がある)
・ 安全な場所に停車し雨が通り過ぎるのを待つ。
・ トンネル出口や橋梁部は突風に注意し速度を控える。(風速25m/sとは時速90Kmの風)



★もしも車が冠水し動けなくなってしまったら

・エンジンが止まってしまったら無理に再始動させない。(エンジン破損の可能性有り)
・ 水深に注意しながらゆっくりと車外に出て、来た方向に歩いて戻る。
・ 車内に水が浸入し、水圧でドアが開閉できない際は、緊急脱出用ハンマーを使用し車両 側面のガラス を割って脱出する。
・ 脱出用ハンマーが無いときは、車内の水位と外の水位との差が小さくなったのを見極め、足に力を込めて一気にドアを開け脱出する。
・ JAFなどに救援依頼を要請する。

この他にも、JAFでは、クルマが冠水、浸水してしまった時の対処や脱出方法について、ホームページ上でイラストや動画を使ってわかりやすく解説しているので、そちらも合わせて参考にしたい。






以上となります!!
自然災害には気を付けて、これからの季節を乗り切っていきましょう!!




≪ 前へ|~サ活始めました~   記事一覧   初めての人間ドッグ|次へ ≫
  • 不動産のオンライン相談
  • リフォームのご相談はコチラへ
  • マド本舗
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • 売却査定
  • お客様の声
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ さくらエステート(福岡トーヨー株式会社)
    • 〒837-0927
    • 福岡県大牟田市中白川町1丁目60-3
    • 0120-396-055
    • TEL/0944-57-1860
    • FAX/0944-57-1830
    • 福岡県知事 (4) 第15012号
  • QRコード
  • 大牟田市ホームページ
  • LIXIL FCマドリエ大牟田店
  • LIXIL FCマドリエ博多駅南店
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る